原子力機構HOME > 原子力機構のご紹介 > 不公正な取引行為等への対応

原子力機構のご紹介

国立研究開発法人日本原子力研究開発機構(JAEA)は、日本で唯一の原子力に関する総合的研究開発機関です。
ここではその活動やポリシーについて詳しくご紹介しています。

不公正な取引行為等への対応

原子力機構は、機構内外の者による不公正な働きかけ(不公正な取引行為及び官製談合行為)を排除するため、以下のような取組を行っています。

原子力機構の役職員は、内部規定「役職員の再就職あっせん等の禁止について」にのっとって誠実に行動します。

「不公正取引行為等報告・通報規程」を定めており、役職員等に対し不公正な取引行為等があった場合、不公正な取引行為等を受けた役職員等は報告義務を負うとともに、不公正な取引行為又は官製談合行為を知った原子力機構内外の者はそのことを通報することができ、報告・通報があった都度、調査が行われた上で必要な措置が講じられます。

「不公正取引行為等に関する通報」は、内部通報窓口又は外部通報窓口を利用することができます。

【1】内部通報窓口

国立研究開発法人日本原子力研究開発機構 法務監査部
〒319-1184 茨城県那珂郡東海村大字舟石川765番地1
TEL:029-282-2610(法務監査部直通電話、平日9:00~17:30)
FAX:029-282-2616(法務監査部直通FAX)
電子メール:fukouseitorihikikoui@jaea.go.jp

【2】外部通報窓口

四樹総合法律会計事務所
FAX:03-3500-3388
電子メール:tsuhou-jaea@shiki-sogo.jp

「不公正取引行為等に関する通報」を行う場合は、以下の事項に御留意願います。

通報は、どなたでも行うことができます。(報告・通報規程4条1項)

通報は、原則として、顕名により、次に掲げる事項を明らかにして行っていただくものとします。(報告・通報規程4条3項)
(1) 通報者の氏名、所属及び連絡先
(2) 不公正な取引行為をした者又は官製談合行為に関与した者(官製談合を行った役職員等を除く。以下同じ。)の氏名、所属する会社等の名称、所属部署、職位等
(3) 不公正な取引行為を受けた役職員等又は官製談合行為をした役職員等の氏名等
(4) 不公正な取引行為又は官製談合行為を知った時期、経緯
(5) 不公正な取引行為又は官製談合行為の具体的内容
(6) 不公正な取引行為又は官製談合行為の具体的内容を裏付ける資料、記録等の有無
(7) 通報者以外に不公正な取引行為又は官製談合行為をほかに知っている者の有無
(8) その他通報者が示しておくことが必要と判断する事項

匿名による通報や、上記に掲げる事項のすべてが明らかでない場合であっても、通報として受領します(報告・通報規程4条3項ただし書き)が、通報がなされた事柄について的確に調査を行うため、極力、顕名により、また、上記に掲げる事項をすべて記載して通報されますようお願いいたします。

法務監査部長や法務監査部に所属する者は、通報者の氏名等の秘密を守り、何人にも開示しません。通報者は通報したことを理由に不利益な取扱いを受けることはありません。通報者のプライバシーは厳重に保護します。(報告・通報規程5条~8条)

通報があった場合は、調査を行い、その結果に応じて、必要な措置を講じます。(報告・通報規程9条)

通報者は、この調査に協力していただくものとします。(報告・通報規程10条)

通報を受領した場合、通報者に通知します。また、通報事案に関してなされた結果を通知します。ただし、匿名通報の場合は、この限りではありません。(報告・通報規程4条6項・11条)

本件に係るお問い合わせは、法務監査部の上記連絡先へお願いします。


PDFファイルの閲覧・印刷には Adobe Reader が必要です。
Adobe Readerは無償でダウンロードし利用できます。

Adobe Reader